取り扱い製品


RPA 自動化

Windowsに搭載されているオフィスソフト全般に対応しています。

現場の人間が使うことを最優先に考えて作られています。

BPM 業務改善

小規模からでも導入可能。

クラウド上で動くので、インストール不要ですぐに利用できます。


弊社がおすすめする製品は、プログラミング知識が不要で、ドラック&ドロップなど簡単な操作で作成できるものを選んでいます。

それは、お客様がロボット化案を思いついた際に、ご自身ですぐに実現出来るようにするためです。

複雑な設定変更をすることなく、スムーズに業務改善を進めることが出来ます。


自動化の効果を最大限に引き出すために


自動化と共に業務改善を

すでに大部分が自動化されているブルーカラー業務を見ても、依然としてロボットの合間に人の作業が存在します。

まずは業務全体のワークフローを書き出して、業務全体を見て「ロボットに任せられる定型作業」と「絶対に人が行う必要がある作業」とを明確に切り分ける必要があるのです。

また、ロボットに任せられる作業が判明したからと言って、いきなりそのすべてを自動化してしまうと、現状の業務の作業者にロボットが加わっただけで、業務全体としては最適化されません。

業務の自動化はスモールスタートで始め、業務改善しながら段階的に適用範囲を広げていくことにより、不必要なロボットを作らず効果的に自動化を進めることができます。

業務改善サイクルを回す

RPAを導入して自動化したのに期待したほど効果が出ない、というケースを見ると

ロボット化する業務を決める→ロボットを作成する→ロボットを使うという、

ロボット化のフェーズ1で完結してしまっていることが多いです。

本当に大事なのはその後です。

ロボット導入で変化した業務の見直しと改善→それに合わせたロボットの修正

そして次の周回に入るために次にロボット化する業務を考えることです。

 

フェーズ2に移行するため、弊社ではBPM基盤を用いることをおすすめしています。

BPMは業務全体のプロセスを明確化し、進行状況の把握や、作業時間の計測・分析をすることができます。

業務の全工程をBPMでいつでも確認できるようにすることで、

改善すべき点が明確になり、次にロボット化する作業も決めやすくなります。

カチシステムの強み


弊社はIT業界としては非常に長い歴史を持ち、導入前のコンサルティングから設計・開発・運用・保守まで、

コンピュータシステムにおけるあらゆるフェーズに携わってきました。

また、長年に渡り会社をあげてITIL事業(ITサービスマネジメント)に取り組んでおり、そこで培った改善ノウハウを基に、RPAやBPMといった最新の業務改善ソリューションを提供しています。

経験豊富な業務改善のプロフェッショナルが、

お客様のニーズに合わせた最適な業務改善をご提案いたします!