メニュー

logo

カチシステムはお客様に寄り添った
システム開発と支援サービスを提供し
「やさしい最先端」を創造します。

【第17回】ロータス博士のWinActor塾~クリップボード

2020.08.20

「クリップボード」とは

今回は基本ノードの「クリップボード」についてご紹介します。

私たちはパソコン操作で「コピー(Ctrl+C)」「切り取り(Ctrl+X)」「貼り付け(Ctrl+V)」を

よく使うじゃろ。

では、コピーした文字、画像はどこに記憶されているのか?

貼り付けようとした文字や画像を、どこから呼び出すのじゃろうか?

クリップボードはパソコンなどの中にある、一時的にデータを保存しておく場所を指しておる。

[スタート]  > [設定]  > [システム] >「クリップボード」で機能を見ることができるが、

WinActorでは「一時的にデータを保存する場所」としてだけ覚えておけばよいじゃろう。

 

最後に「エミュレーション」と「クリップボード」の組み合わせのシナリオを用意しましたぞ。

「クリップボード」のプロパティ設定

「クリップボード」ノードは、変数からクリップボードへ値を設定します。また、クリップボードの値を変数に取得することができます。

 

 

 

プロパティ

 

クリップボードへ値を設定」

 

 

●ボタンを選択します。

  

 

●プルダウンより、クリップボードに貼り付ける文字列を「変数」または直接文字列を設定します。

 

<直接文字列を設定>

<「変数一覧」より文字列が設定されている変数を設定>

 

 

「クリップボードの値を取得」

 

クリップボードに取得されている文字列を変数に設定します。

    

●ボタンを選択します。

  

  

●取得結果に格納先となる変数を設定します。

Excelの値取得による「クリップボード」と「エミュレーション」

 

さて、ここで「【第13回】ロータス博士のWinActor塾~エミュレーション」を覚えておるかな?

 

「エミュレーション」ライブラリはキーボード、マウスによる操作でした!

そうじゃ。

キーボード操作の「Ctrl+C」「Ctrl+V」、マウス操作の右クリックによる「コピー」「貼り付け」・・など

「エミュレーション」ライブラリでもPCのクリップボードの操作ができるのじゃ。

 

ただし!

「Ctrl+C」は書式もコピーしてしまう。貼り付けるときは気を付けるのだぞ。

 

Excelの値を他で使用したい場合は、「Excel操作(値の取得)」を使用し変数に格納後、

「クリップボード」ノードを使用するのも一つの手じゃ。

次の実践!が参考になるかもしれん。

実践!「クリップボード」と「エミュレーション」で「乗換案内」に文字列を設定する

「【第15回】ロータス博士のWinActor塾~IE操作 値の設定編」では、

「出発」「到着」の設定を基本ノードの「文字列送信」を使用して設定しました。

  

 

 

今回は「クリップボード」ノードと「エミュレーション」ライブラリを使って設定してみましょう!

 

やりたいこと

 

・「出発」「到着」のテキストボックスに「クリップボード」と「エミュレーション」を利用して文字列を設定する

 

シナリオ

 

 

 

 

変数一覧

 

Excelから取得する「出発」「到着」の内容を格納する変数を用意する

 

 

 

プロパティ

 

 ①「Excel操作(値の取得2)」

 

Excelファイルよりセル「A2」の値を取得する。

 

 

 

 ➁「クリップボード」

 

Excelより取得した「出発」の変数を設定する

 

 

  

 ➂「エミュレーション」

 

「Ctrl+V」で「乗換案内」の「出発」項目に貼り付ける

 

 

 

 

 ④「エミュレーション」

 

「Tab」キーで「出発」項目を確定し「到着」項目へ移動させる

 

 

 

 ➄「Excel操作(値の取得2)」

 

Excelファイルよりセル「B2」の値を取得する。

 

 

 

 ⑥「クリップボード」

 

Excelより取得した「到着」の変数を設定する

 

 

 

 

 ➆「エミュレーション」

 

「Ctrl+V」で「乗換案内」の「到着」項目に貼り付ける

 

 

 

 ⑧「エミュレーション」

 

「Tab」キーで「到着」項目を確定し移動させる

 

 

 

 

実行中の変数の内容

 

 

 

 

 

実行結果(出発・到着の設定)

 

 

 

 

どうじゃった?

このように、WinActorは1つの処理をするにもライブラリがたくさん用意されているため、多様な作り方ができるのじゃ。


 

 

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

最近の記事

カテゴリ

PAGETOP