メニュー

logo

カチシステムはお客様に寄り添った
システム開発と支援サービスを提供し
「やさしい最先端」を創造します。

RPAとは

2019.01.11

そもそもRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは?

Robotic Process Automation=ロボットによる業務の自動化 という直訳通り、業務を自動化するツールのことです。

 

誰が行っても同じ作業、工数のかかる単純作業などRPAを使って自動化し、業務効率化や単純ミスの低減、あるいはコストの削減などが目指すべき成果です。

働き方改革とも関連し、現在多くの企業が関心を持っている分野と言われています。

RPAの考え方

たとえばエクセルのマクロ機能のように、自動化するプロセスを設計することで、指示した計算を自動的に行えます。

RPAが実現するのはこの自動化と同じです。

しかし、マクロ機能の利用範囲はエクセル内、あるいはOfficeソフト内に限定されますが、RPAの場合はその範囲が広大で、命令の種類も非常に多くなる点が特徴的です。

RPAは人の手足の代わりにさまざまな作業を行う産業用ロボットとも似通っていますが、RPAのロボットはキーボードやマウスなどのデバイスを通して行った、システム内の操作内容や処理内容そのものを自動化します。

RPAの仕組み

RPAの実現には、さまざまな機能をもつツールを使い、人間があらかじめ指示を行う必要があります。この指示内容=シナリオに基づいてRPAが実務を行うという仕組みになっています。

そのため作成したシナリオに不備があると、RPAのロボットはうまく動きません。逆にシナリオの精度が高ければ、RPAのロボットの精度も上がり理想的な自動化が実現します。

つまりシナリオの成否がRPAの成否に関わるため、シナリオを作成する人間が重要です。

こうしたシナリオ作成は、これまでプログラミング言語を使っておこなっていたため、知識と技術のある人材が必要でした。

しかし最近ではWinActorなど、プログラミングを使わない自動化ツールが登場し、RPA化へのハードルは下がりつつあります。

RPA導入メリット

RPAの導入メリットは大きく分けて2つあります。

一つは業務効率と作業品質の向上です。

単純に、簡単な作業はロボットに任せておけば作業者の負担が減ります。

作業量の大小にかかわらずシナリオ通りに黙々と作業を進めるため、人間が行うとどうしても発生するヒューマンエラーもなくなり、成果物の品質が上がります。

 

二つ目はコスト削減です。

今まで作業にかけていた工数が削減され、別の重要な業務に充てることができます。残業が発生していた場合はその削減に繋がるため、コスト削減と労働環境の改善にもつながります。

単純作業の繰り返しは、作業者のモチベーション低下に繋がり、不満の蓄積による退職リスクも拡大します。

 

RPAの導入コストは安価ではありませんが、採用コストや人件費などに比べると安く、長期的に見れば大きな導入効果が期待できます。

最近の記事

カテゴリ

PAGETOP